ABOUT

Satomi Tanji was born in Shizuoka in 1985. 

She was raised in a household that runs a stone shop, so her interest in craftsmanship began at a young age. 

She was also strongly interested in other cultures, so after graduating from college, she began working as a flight attendant at a Taiwanese airline company. 

After that, she got married and had a child and eventually began working as a video interpreter.

 

Taking her home construction as an opportunity, she decided to try drawing and challenged herself with fluid art in 2019. There, she realized that she wanted to do something creative.

 

In the same year, she received the Audience Award and the Owner’s Award at the publicly sponsored exhibition, “TIME,” hosted by Art Cocktail in Osaka. She also joined the group exhibition “MuchMuchMore” at the same gallery. After that, she received an honorable mention at The Second All Japan Art Exhibition. 

Recently, she has been doing alcohol ink art and creating crystal-like, transparent artworks.

Using the inspiration from the energy of the new era, she is expressing abstractly and freely.

1985年静岡にて生まれる。

石材店を営む職人の家庭で育ち、幼い頃から物作りへの興味があった。また異文化への好奇心が強く、大学卒業後、台湾の航空会社のキャビンクルーに就職。その後、結婚出産を経て映像翻訳者に転身。

マイホームの建設を機に、アートを描いてみようと2019年からフルイドアートに挑戦。そこで自分はクリエイティブなことがやりたかったのだと目醒める。

2019年からフルイドアート(アクリリックポーリングアート・アルコールインクアート・レジンアート)の制作を開始。

最近では型にとらわれず様々な画材にも挑戦し、テクスチャを施したりアクセントに箔をのせて光を感じさせる作品が多い。癒しの中にも力強さのある抽象画を制作。

古い概念に囚われず、誰もが個性を発揮できる世界になっていこうとしている現代。そんな世の中のエネルギー変化に着目し、更なる調和の世界になるようにと願いを込めて創作活動をしている。

 

2021年に台湾 (Link Lion 雄獅星空 ギャラリー)で開催された自身初の海外個展『PRISM』では、全18作品が見事完売。

今後もグローバルに活躍できるアーティストを目指し、光に満ちた作品を多く世に出すことを目標としている。